日本酒・地酒の美味しい話 Top > まんさく蔵日記 > 雪国暮らし その1

カレンダー

カテゴリ

QRコード

リンク

雪国暮らし その1



夜はお酒が入っているので、
日記的な内容を書く機会が増えそうです。

都会の人はわからない、
そんな雪国暮らしについてちょっと書こうと思います。

◆気温
気温が寒いのは前回書きましたが、
もう一度言わせていただくと、やっぱり寒い。
私なんかは蔵に住んでいるので、余計寒いです。
昔ながらの建物ですからね。

◆運転
全国各地で最近雪が降って、
車がスリップする体験をした人もいると思います。
ですが、雪国の運転は一味違う。時々本気で怖い。

これは違うんですが、イメージ図です 水泳選手が「何も見えねえ」
 格闘技の選手が「すっごい滑るよ!」
 とか言ったとか言わないとか…。
 冗談はさておき、
 山道などはホワイトアウトして、
 まったく何も見えなくなります。

道がまずほとんど見えず、
対向車線の車のランプが直前まで見えず、
時々ある信号も直前まで見えず、
それでも止まる道幅はないので、
ひたすら走り続けなければいけないんです。
さらにタイヤの跡に合わせて走らないと
スリップします。泣きそうです。

速く走りようがないので、運転が荒い人は、
雪国に来れば一発で運転が治るかもしれません。
高速道路を時速30㎞で走る体験ができますよ!
30㎞です。80㎞じゃないですよ。

◆電車
ある人は、
1時間に1本3両編成の電車が来るのですが、
のりたい電車が普通に運休して、
その次の電車が15分遅れで到着して
ちょっとほっとしたのですが、
また途中で電車が一時間止まって、
帰りは、一時間電車の到着が遅れて、
やっときた電車が一時間たっても動かなくて、
疲れ切ってホテルに泊まり、
次の日も合計2時間遅れてやっと帰れたらしいです。


ええ、ほんと辛かったです…

ちなみに新幹線はほとんど遅れませんので、
安心してください。


もちろん毎日ではないですが、
雪がひどい日は、こんなことがあるんです。

秋田でこれですから、
北海道の人とか、どうしてるんでしょうね……

他にも雪かきとか雪おろしとかあったのですが…
長くなったのでまた今度にします。

 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター