日本酒・地酒の美味しい話 Top > 玄米~蒸米 > 玄米と白米

カレンダー

カテゴリ

QRコード

リンク

玄米と白米



そもそも食べるお米の玄米をまじまじと
眺めたことがある方のほうが希少だと思いますが、
普段食べているお米との
違いが分かりますでしょうか?


びふぉあ あふたー
 普通こういう写真は
 綺麗なお米のみをセレクト
 するところでしょうが、
 それじゃ面白くないので、
 あえて割れてるところを
 混ぜて持って来ました。

山田錦の50%精米です。
一番右下のお米が白いのは、心白といって、
でんぷん質のかたまりが多かったからです。
いい酒米ほどこれが多いです。

このように、
玄米の時点で割れてしまっているものもあれば、
精米時に割れてしまう米もあります。

玄米に関しては等級があるので、
ちゃんとお金をかけていい等級のものを買えば
品質が当然良くなります。

(これは当たり前のように見えて
当たり前とは限らないことなのですが、
当蔵では必ず一番良い等級を買うようにしています)

でもいくら等級の良いお米を買っても、
精米を上手にやらないとお米の大きさも
ばらつくし、割れます。
すると当然酒質が安定しませんよね。

なので、酒造りは精米からとことんこだわります。
あえて割れてるお米を持ってきましたが、
それでも砕けていないし、大きさが均一ですよね。
これでも綺麗です。
当たり前のように見えて高い技術が隠れています。


ちなみにお米は削ってから使うまでに何週間か寝かせます。


 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

カウンター